メインイメージ画像

査定が安くなるかもしれませんが売れます

銀行などで融資を受けまだ住宅ローンが残っていてもマンション売却ができるのか、わからない人は多くいるはずです。結果から言うと、ローンの残額があっても、マンションを売却する事は可能です。ですが、マンションを売却できても住宅ローンは残りますし、ローンがあると査定額が低くなってしまう事もあります。このごろは、大企業を中心に、住宅ローンの有無で査定額を低くする事は減りつつあります。

ただし、抵当権が付いている場合は査定額が安くなったり、査定できないこともあるみたいです。住宅ローンの残額によって、査定額を引き下げようとする不動産業者が稀にいるとの噂も聞きますので、いろいろな業者に依頼をして比べてみましょう。

築年数が経っているマンションをなるべく早く、高額で売るには良い方法があるのでしょうか。物件の雰囲気を少しでも良く見せようとリフォームをするのはちょっと考えた方が良いと思います。

もともと、年数が経っている事で価格が低くなっている物件なので、自己負担でのリフォームをししても、その出費以上の金額で売れる保証はありません。最近は特に、古いマンションを購入して、自分の好みにリフォームする人が多いそうです。中でも、古いマンションの購入を検討する人には、好きにリフォームする前提の人が多いので、そういった物件をメインに販売活動する不動産会社に仲介をしてもらう事が、マンションを高く、早く売る一番の方法だと思います。

更新情報